ブルキナファソでハイタッチ

旅行から日常の記録まで(夫:2020年SFC修行予定)

【SFC修行2020】第1弾シンガポール→北京中国国際航空A350ビジネスクラス搭乗レビュー 2020年5レグ目搭乗

久々のSFC修行旅行記の続きです。

こちらは1月に行ってきたジャカルタへのSFC修行について書いています。

前回はシンガポール・チャンギ国際空港到着しました。それについては↓よりご覧下さい。

 

www.burkina-high.work

 今回は本格的な修行第1弾の記録です。修行第1弾の行程は下の表の通りです。

日程 行程 備考
1月9日(木) NH714 CTS19:30→NGO21:25 こちらから
TUBE sq泊 こちらから
1月10日(金) C160 NGO8:35→PEK11:15 こちらから
CA977 PEK14:30→CGK21:15 こちらから
IBIS JAKARTA HARMONI泊 こちらから
1月11日(土) 3K204 CGK16:35→SIN19:30 こちらから
1月12日(日) CA970 SIN0:05→PEK6:20 この記事
CA169 PEK8:00→CTS12:40  

《航空会社》NH…ANA CA…中国国際航空 3K…ジェットスターアジア

《空港》CTS新千歳空港 NGO中部国際空港 PEK…北京首都国際空港 CGK…ジャカルタスカルノ・ハッタ国際空港 SIN…シンガポールチャンギ国際空港

SFC修行5レグ目の概要

■日程:1月10日(金)

■便名:CA970

■航空券代:112,810円(CAでの4フライト合計)

■獲得マイル:3488マイル(積算率125%)

■獲得PP:3888ポイント

■通算獲得PP:12232ポイント

■PP単価:算出不可(CAでの4フライト合計で8.52)

■機種:エアバスA350-900

スポンサーリンク

 

ラウンジから搭乗まで A350のビジネスはすごかった

ラウンジを出た後は今回の搭乗口D47へ向かいます。

ラウンジからD47までは歩いて約7分かかりました。やはり大きいチャンギです。

f:id:bakachin10000:20201011191604j:plain

スクートがたくさん止まっています。スクートはシンガポールが拠点のLCCで札幌にも就航していますね。(今は来ていないですが)

f:id:bakachin10000:20201011191423j:plain

f:id:bakachin10000:20201011191442j:plain

というわけでD47へやってきました。チャンギも東南アジアによくある搭乗口手前で保安検査があります。これが結構時間がかかるんですよね、世界的には出国審査の後に保安検査があり制限区域内に入るパターンが多いですがどちらがいいんでしょうか。

未だにわかりません。

保安検査を受けて搭乗待合室に入りました。

搭乗客はかなり多く、混み合っています。


f:id:bakachin10000:20201014080521j:image

備え付けの電源で携帯の充電をしていると搭乗開始のアナウンスが流れたので、早速機内へ入ります。奥にはフィンエアーが見えます。チャンギもヨーロッパ方面へのフライト多いですよね。

機内に入ると、これが求めていたビジネスといった空間が広がります。

f:id:bakachin10000:20201025173436j:plain

f:id:bakachin10000:20201025173448j:plain

座席配置は1-2-1と贅沢な配列、しかしスペースを有効活用できるように斜めに座席が配置されています。リバースヘリンボーンです。

早速座ってみましょう。

f:id:bakachin10000:20201025175751j:plain

座席から見た機内の様子です。
f:id:bakachin10000:20201025174054j:plain

大きなモニターとフルフラットになる座席、これは快適なフライトになりそうです。

f:id:bakachin10000:20201025174151j:plain

座席のリクライニングはこのモニターで操作します。

座席に座ってそんなことを見ていると、CAさんがやってきてスリッパを出してくれ、おしぼりとウェルカムドリンクをいただきます。またコートを預かってくれます。

f:id:bakachin10000:20201025174720j:plain

またしてもオレンジジュースにしました。

続いてアメニティを見ていきます。中国国際航空ビジネスクラスと言えばアメニティはロクシタンです。今回はありました。

f:id:bakachin10000:20201025175320j:plain

前回まで乗った中部⇒北京、北京⇒ジャカルタの便にはこのアメニティが配られなかったので、もう配られないのかな?と思っていたのですが、今回はありました。中身は離陸後見てみます。

 

続いて機内食メニューを見てみます。

f:id:bakachin10000:20201025180014j:plain

f:id:bakachin10000:20201025180120j:plain

夜行便ということもあり、ライトミールとなっています。

冬季のメインは3通りから選べ、アジア料理は2種類と洋食1種類、アジア料理は

・上海ヌードル

・エビチャーハン

から選べるようです。悩みましたが、エビチャーハンにしました。

というかこれライトミールなんでしょうか???

f:id:bakachin10000:20201025180135j:plain

こちらはソフトドリンクのメニューです。ココナッツウォーターがあるのが面白いですね。この他にも今までの便と同様にコーヒーや充実の中国茶などがあります。

次に機内モニターを見てみます。

メニューはこのように映画やオーディオ、キッズ、マップなど一通り揃っています。

f:id:bakachin10000:20201025185437j:plain

というわけで私は地図が好きなので地図画面を出してみます。

f:id:bakachin10000:20201025190029j:plain

f:id:bakachin10000:20201025190626j:plain

いよいよシンガポールを離陸

あっという間のシンガポール滞在は終了です。今度は修行が終わってゆっくり来たいものです。

中国国際航空の機内安全ビデオはこのパンダです。

f:id:bakachin10000:20201025190846j:plain

f:id:bakachin10000:20201025190717j:plain

離陸後また座席回りを見てみます。

座席の右側には機内誌やエチケット袋などが入っています。

f:id:bakachin10000:20201025185227j:plain

そしてその手前にあるこのボタン

f:id:bakachin10000:20201025185327j:plain

このように読書灯になっています。

f:id:bakachin10000:20201025185401j:plain

 続いて窓側の収納を見てみます。

f:id:bakachin10000:20201025191009j:plain

モニター側にはコントローラが入っており、これでモニターを操作出来ます。また、USBポートが用意されており、モニターと接続したり充電したりすることが出来ます。

蓋にも若干の隙間があるので、コードを出した状態で蓋を閉めることが出来ます。

もう1つ収納があるので見てみます。

f:id:bakachin10000:20201025191217j:plain

こちらはただただ収納ですね。

パスポートとか小物を入れる用でしょうか?ですがここにそういったものを入れると降りる時に忘れてしまいそうですね。

続いて先ほどのポーチの中身を見てみましょう。

f:id:bakachin10000:20201025175449j:plain

ロクシタンのポーチに入っていますが、ロクシタンなのは上の2つ、リップスティックとボディークリームのみです。下に入っているのは歯ブラシ、歯磨き粉、ブラシ、アイマスク、耳栓、ウェットティッシュと国際線に乗ると頂けることの多いアメニティです。

それでもちょっと高級感があります。

入っているものを並べてみました。

f:id:bakachin10000:20201025220722j:plain

そうこうしていると機内食が運ばれてくるようです。深夜1時過ぎの機内食、ライトミールはどのようなものなのでしょうか。

これが深夜1時のライトミール(機内食)だ

まずは飲み物から配られます。今回もプーアール茶をお願いしました。

f:id:bakachin10000:20201025221017j:plain

そして食事が運ばれてきます。

f:id:bakachin10000:20201025221045j:plain

まずは前菜のキハダのたたき、タンドリーチキン、きゅうりのサラダマレーシアスタイルとデザートのフルーツが来ました。そしてバターです、やっぱりパンが出ます。

メインのチャーハンはまだ来ていません。

まずは前菜をいただきます。深夜でかつ先ほどラウンジでカレーとラクサを食べていましたが美味しかったので、ペロリと食べてしまいました。

そしてやってきました。エビのチャーハンです。

「とても熱いので気を付けてお召し上がりください」とのお声がけがありました。

f:id:bakachin10000:20201025221639j:plain

まずはエビからいただきます。

お言葉通りとても熱いです。ですがもうこのエビがブリッブリで、これは本当に機内食なんでしょうか?というレベルで美味でした。チャーハンも上品な味でエビにかかっている甘辛のソースと絡めてもとても美味しく、深夜にもかかわらず完食です。

パンの画像を撮っていませんでしたが、ガーリックトーストが美味しかったです。

途中にパンのお代わりを勧められましたが、さすがにお断りしました。

食事を食べたらあとは歯を磨いて寝ます。

トイレの鏡です。このような照明があると化粧直しなどにも使いやすいのではないでしょうか?

f:id:bakachin10000:20201025222346j:plain

フルフラットで爆睡、そして着陸、まさかの…

席に戻ったら、座席をフルフラットにし睡眠の体制に入ります。

目が覚めるともう間もなく北京という所まで来ていました。

f:id:bakachin10000:20201025222727j:plain

外には北京郊外の夜景が広がります。

f:id:bakachin10000:20201025223045j:plain

そして北京首都国際空港に着陸しました。

機内アナウンスでは「ただ今の北京の気温は-6℃」とか言っています。

つい先ほどまで30℃越えの世界にいたのでやられてしまいそうです。

f:id:bakachin10000:20201025223345j:plain

北京から次の千歳行への乗り継ぎ時間はわずか1時間40分です。北京へ着陸した時刻が千歳行出発のおよそ2時間前でしたので、順調にいけば間に合うはずです。

機内モニターには中国国際航空のプロモーションビデオが流れています。

f:id:bakachin10000:20201025230328j:plain

これは内蒙古でしょうか?大草原と羊の群れです。中国は広いですもんね。

飛行機は順調に駐機場へ進んでいきます。

f:id:bakachin10000:20201025223833j:plain

ターミナルが見えてきました。まもなく到着するはずです。ですが、あれ?

f:id:bakachin10000:20201025224005j:plain

ターミナルとは反対の左に曲がり始めました。

そして止まりました。

f:id:bakachin10000:20201025224132j:plain

これは、もしかして…

とりあえず預けていたコートを受け取り降ります。どうやらこの便には何かの競技の中国代表選手が乗っていたようで、背中に「CHINA」とかかれたダウンジャケットを着ている人が何人か乗っていました。

f:id:bakachin10000:20201025224213j:plain

f:id:bakachin10000:20201025224625j:plain

はい、沖止めです。乗り継ぎ時間が切羽詰まっている時の沖止めは嫌ですね。

普段なら飛行機を目の前に見ることが出来たり、飛行機からのバスで空港の裏側を垣間見れたりと、沖止めそれなりに好きなんですが、こういう時の沖止めは嫌ですね。

とか言いつつ余り見られない航空会社の飛行機が止まっていたので写真撮ったりしましたけどね。

f:id:bakachin10000:20201025224859j:plain

山東航空公司です。日本にも国際線を飛ばしているのでそれなりに見ることは出来ると思いますが、レアキャラではありますね。

この後はバスにのり空港ターミナルへ向かいます。

その様子は次回、北京から新千歳について書く際に合わせて書きます。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村