ブルキナファソでハイタッチ

旅行から日常の記録まで(夫:2020年SFC修行予定)

【SFC修行2020】SFC修行第1弾(その1)、2020年2レグ目搭乗!

前回は妻の実家への帰省でしたが、ついに本格的なSFC修行が始まりました。
前回のSFC修行について、そしてチケット購入についてのブログは↓からご覧下さい。

www.burkina-high.work

www.burkina-high.work

今回は本格的な修行第1弾の記録です。

修行第1弾の行程は下の表よりご確認ください。

日程 行程 備考
1月9日(木) NH714 CTS19:30→NGO21:25 ←この記事
TUBE sq泊  
1月10日(金) C160 NGO8:35→PEK11:15  
CA977 PEK14:30→CGK21:15  
IBIS JAKARTA HARMONI泊  
1月11日(土) 3K204 CGK16:35→SIN19:30  
1月12日(日) CA970 SIN0:05→PEK6:20  
CA169 PEK8:00→CTS12:40  

《航空会社》NH…ANA CA…中国国際航空 3K…ジェットスターアジア

《空港》CTS新千歳空港 NGO中部国際空港 PEK…北京首都国際空港 CGK…ジャカルタスカルノ・ハッタ国際空港 SIN…シンガポールチャンギ国際空港

今回のブログではSFC修行2020の2レグ目、NH714便 CTSNGOについてです。

SFC修行2レグ目のフライト概要

■日程:1月9日(木)

■便名:NH714

■航空券代:11,010円(スーパーバリュー28)

■獲得マイル:575マイル(積算率75%)

■獲得PP:921ポイント

■PP単価:11.95

■機種:ボーイング737-800

■機体番号:JA73AN

 

スポンサーリンク

 

チェックインから搭乗まで

1月9日、職場をほぼ定時で上がった私は一路新千歳空港へ向かいます。
空港には出発1時間前の18:30頃に到着しました。

f:id:bakachin10000:20200113202348j:plain

こう見ると北海道ってやっぱり大きいですよね。

平日夜の新千歳空港は空いており、待ち時間ゼロで搭乗手続き、手荷物の預け入れが出来ました。

新千歳空港では手荷物預け入れ機で手荷物を預けることが出来るのですが、最初「重量が安定しません」という初めて見るエラーが出て焦ったものの2度目には成功しました。

保安検査場も空いていたため、ラウンジに立ち寄る時間があったのでカードラウンジへ向かいます。

新千歳空港の国内線カードラウンジは保安検査場へ入る前にあるため、予め保安検査場の混みっぷりを確認してからでないと行くのを躊躇ってしまいます。一方ANAラウンジは搭乗手続きから制限区域まで一直線で行けるので、保安検査場の混雑とか気にせず行けるようになります。プラチナになればANAラウンジが使えるようになるので、頑張って50000PPを貯めなければいけません。

とか言いつつ新千歳空港のカードラウンジ好きなんですよね。座席はゆったりしていて、フリードリンクの種類もそれなりにあって、コンセントも充実していて、窓側座れば飛行機ビューで。

www.new-chitose-airport.jp

というわけでラウンジで一息ついた後は保安検査場を抜け搭乗口へ向かいますが、小腹が減ったので何か食べ物を買おうと空港内をウロウロします。
案の定この時間はもう食べ物が少ないです。ウロウロして制限区域内の奥の方にあるおにぎり屋でかろうじて3個残っていたおにぎりを1つ買いました。

やはりこの時間は予めコンビニなどで買っておいた方がいいですね。

小腹を満たすものも買えたためいよいよ搭乗口へ向かいます。

f:id:bakachin10000:20200113202736j:plain

今回搭乗するNH714便はボーイング737-800、先日テヘランで墜落したウクライナ機と同じ機種です。737-800が墜落したというニュースを聞いた時は一瞬ドキッとしましたが、世界中で使われている安定した機材なので心配する必要はないとすぐに思い直しました。(その後誤爆だったというニュースが出ましたね。)

機内は3列3列の普通の、ごくごく一般的な737-800です。
搭乗率はぱっと見6割程度でしょうか。今回は私は窓側座席でしたが、隣席通路側とも別の方がいらっしゃらなかったので快適でした。

f:id:bakachin10000:20200113203108j:plain

f:id:bakachin10000:20200113202841j:plain

f:id:bakachin10000:20200113214256j:plain

離陸から着陸まで

離陸すると苫小牧市の夜景がよく見えます。

f:id:bakachin10000:20200113214642j:plain

また機内Wi-Fiも今まで乗ったことのあるANA便の中でも最も早い速度が出て(下りで8.9mbps)こちらも快適でした。

f:id:bakachin10000:20200114125842j:plain

機内ではドリンクサービスのタイミングでさきほど買ったおにぎりを食べます。

f:id:bakachin10000:20200113214840j:plain

ブログを書いたりネットを見たりとしているとあっという間にセントレアに到着です。

着陸から手荷物受け取りまで

セントレアに来るのはちょうど1年ぶり、久し振りに来ると新鮮です。そして当たり前ですが千歳より暖かいのが道外に出たことを感じさせてくれます。

手荷物受け取りのターンテーブルでは矢場とんが迎えてくれます。
手荷物を受け取り制限エリア外へ出ます。

f:id:bakachin10000:20200113214952j:plain

f:id:bakachin10000:20200113215003j:plain


今日はセントレア内にある「TUBE Sq」というカプセルホテルに1泊し、明日朝の便に備えます。

まとめ 平日夜便は空港も空いていて快適

今回はSFC修行で乗ったANA千歳→中部ANA714便について書きました。
平日夕方の新千歳空港は空いており、すぐに手荷物預け入れも保安検査場も通過出来、出発1時間前の空港到着にもかかわらずラウンジに立ち寄ることが出来ました。機会が合えばオススメです。

次回はセントレアで1泊したカプセルホテルについて書く予定です。

書きました。↓からご覧下さい。

www.burkina-high.work

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村