ブルキナファソでハイタッチ

旅行から日常の記録まで(夫:2020年SFC修行予定)

【SFC修行2020】SFC修行第1弾(その3)中国国際航空北京→ジャカルタ搭乗レビュー 2020年4レグ目搭乗

前回は北京首都空港での過ごし方について書きました。その時の様子は↓よりご覧下さい。

www.burkina-high.work

今回は本格的な修行第1弾の記録です。

修行第1弾の行程は下の表よりご確認ください。

日程 行程 備考
1月9日(木) NH714 CTS19:30→NGO21:25 こちらから
TUBE sq泊 こちらから
1月10日(金) C160 NGO8:35→PEK11:15 こちらから
CA977 PEK14:30→CGK21:15 ←この記事
IBIS JAKARTA HARMONI泊  
1月11日(土) 3K204 CGK16:35→SIN19:30  
1月12日(日) CA970 SIN0:05→PEK6:20  
CA169 PEK8:00→CTS12:40  

《航空会社》NH…ANA CA…中国国際航空 3K…ジェットスターアジア

《空港》CTS新千歳空港 NGO中部国際空港 PEK…北京首都国際空港 CGK…ジャカルタスカルノ・ハッタ国際空港 SIN…シンガポールチャンギ国際空港

SFC修行4レグ目の概要

■日程:1月10日(金)

■便名:CA977

■航空券代:112,810円(CAでの4フライト合計)

■獲得マイル:4073マイル(積算率125%)

■獲得PP:4473ポイント

■通算獲得PP:6414ポイント

■PP単価:算出不可(CAでの4フライト合計で8.52)

■機種:エアバスA330-200

■機体番号:B-6079

スポンサーリンク

 

ラウンジから搭乗まで ビジネスクラスの座席に感動

「BGS Premier Lounge」を出たあとは搭乗口E14番へ向かいます。

f:id:bakachin10000:20200127222946j:plain

搭乗口に着くとすでに搭乗が始まっていましたが、今回はビジネスクラス利用だったので、ビジネスクラスレーンから優先的に入れてもらいます。

f:id:bakachin10000:20200127223045j:plain

機内に入ると先程乗ってきたB737-800とは大違いの快適そうな座席が並んでいます。

f:id:bakachin10000:20200127223135j:plain

これぞビジネスクラスです!テンションダダ上がりのまま席に着きます。

席に着くと先程と同じようにスリッパが用意され、おしぼりとウェルカムドリンクをいただきます。また先程と同じくオレンジジュースを選びました。

f:id:bakachin10000:20200127223241j:plain

その後今度は食事のメニューと飲み物のメニューが配られます。飲み物のメニューは国際線は全て共通のようです。

早速食事のメニューを見てみます。

f:id:bakachin10000:20200127223325j:plain

f:id:bakachin10000:20200127223358j:plain

f:id:bakachin10000:20200127223428j:plain

f:id:bakachin10000:20200127223500j:plain

f:id:bakachin10000:20200127223532j:plain

中華か洋食から選べ更にその中からメインディッシュが選べます。

中華のメインディッシュはエビの甘辛炒め、鶏肉の蒸し煮とくるみのイエローワインソース、マッシュルームの蒸し煮の大豆ソースの3点から、洋食はタンドリーフィッシュかマッシュルームの蒸し煮の大豆ソース(中華と同じか?)の2点から選べます。

今回は中国の航空会社かつ北京発の便ということもあり、中華を選ぶことは決めていました。問題はメインです。

エビも美味しそうだけどチキンも美味しそうだな、どちらにするか。うーむ。

悩んでいるとCAさんがオーダーを取りに来ました。

もはや悩んでいる暇はありません。

「チキンで」

そして飲み物はまたしてもジャスミンティーにしました。

オーダーが終わり改めて座席を見ます。余裕のあるシートピッチ、フルフラットになる座席、モニターが遠いのが少し残念ですがこれは快適なフライトになりそうです。

f:id:bakachin10000:20200127223620j:plain

f:id:bakachin10000:20200127223647j:plain

いよいよ北京を離陸

そうこうしている内にドアが閉まりました。ジャカルタまで7時間45分のフライトの始まりです。

北京を離陸しまずは進路を西に取り窓からはひたすら山脈が見えます。

f:id:bakachin10000:20200127223756j:plain

その後進路を南に取り始めます。ちょうどその頃から機内サービスが始まりました。相変わらずシートベルト着用サインは消えません。

テーブルにクロスが敷かれ、ジャスミンティーとおつまみが配られます。

f:id:bakachin10000:20200127223829j:plain

そして機内食がやってきました。

f:id:bakachin10000:20200127223902j:plain

左側がアペタイザーのマナガツオのスモーク、その上が中華サラダ、その右にバター、その右にごはん、その下がメインディッシュの鶏肉の蒸し煮とくるみのイエローワインソースです。

バターがあるってことはパンが出るということですね。

まずはアペタイザーからいただきます。

これはなかなかおいしいです、あまりスモーク感は感じられないですが脂の乗ったマナガツオ、機内でこんなもの食べられるなんて感激です。

続いてメインをいただきます。

これは見た目よりあっさり目の味付けでしたがこれも美味しいです。中華料理屋さんで出ても遜色ないレベルです。

そして中華サラダ、見た目はただのサラダですが、最初は何もかかっていないただの生野菜です。途中CAさんがドレッシングも持ってやってきてかけてくれるのですが、ドバドバドバっと入れられ、容器の半分くらいドレッシングで満たされます。こんなものなんでしょうか?

味は黒酢風味のドレッシングでしたが、ちょっとこの味付けは私には微妙でした。

ごはんは普通に白米です。おかずと食べたいごはんですね。

そしてやはりやってきました、パンです。

バターロールバゲットなど何種類かから選べ、今回はごはんもあるので丸パン1つを選びました。

パンを触ると、おお温かい、ビジネスだとパンも温かいんですね。

感激していると別のCAさんがガーリックトーストを持って来たので、こちらもいただいてしまいました。

f:id:bakachin10000:20200127223954j:plain

丸パンは普通においしく、ガーリックトーストはガーリック弱めでしたがこちらもおいしくいただきました。

色々クチコミで中国国際航空機内食はまずいとかひどいとか見ていたので、どんなのが出てくるのかと期待半分不安半分だったのですが、普通においしいです。

CAさんのサービスも普通にいいです、今までの不安はなんだったんでしょうか。やっぱり自分で何事も体験してみないといけませんね。

そして食後にデザートのヘーゼルナッツケーキとフルーツ盛り合わせが出てきます。

f:id:bakachin10000:20200127224028j:plain

ヘーゼルナッツケーキはイマイチでした、フルーツは普通に美味しいです。

北京発なのにドラゴンフルーツが出てきたのが驚きでした。

食事が片付けられるとインドネシアの税関申告書が配られるのでそちらを記入します。

f:id:bakachin10000:20200127224105j:plain

飛行機はちょうど今話題の武漢市上空あたりを飛行しています。朝もそれほど寝ていなかったので眠くなってきたので、寝ることにします。

なんたってこの座席フルフラットになります。快眠はほぼ確定です。

f:id:bakachin10000:20200127224143j:plain

気づいたら2時間ほど寝ていたでしょうか。外を見ると夕焼けの時刻、地図を見るとベトナム上空にいました。

f:id:bakachin10000:20200127224232j:plain

起きて座席をもとに戻すとCAさんが「何か飲みますか?」と声をかけてくれたのでコーラを頼みます。

f:id:bakachin10000:20200127224435j:plain

初めて見る中国語表記のコカ・コーラです。

この時間寝てる方が多く、照明が落とされていたのですが照明の色がとてもムーディーで、なぜこの色のチョイスなのか謎です。

f:id:bakachin10000:20200127224546j:plain

 

着陸1時間半ほど前になるとスナックが配られました。

ヨーグルトとチョコバーをいただきます。

f:id:bakachin10000:20200127224705j:plain

どちらも中国製で、チョコバーはネスレの製品だったのですが、このヨーグルトのロゴ、食べたことはないけれどどこかで見たことがある、と思ったら前回のサッカーワールドカップのスポンサーでした。あの時自国は出ていないのにものすごい数の中国企業がスポンサーになっていましたよね?

その企業の製品と対面してちょっと感激です。

ヨーグルトと言われたのですが、中身はグラノーラ入りのヨーグルトドリンクでした。

その後赤道を越えました。22年ぶり2度目の南半球突入です。

f:id:bakachin10000:20200127224631j:plain

まもなく着陸という場面ですが、スカルノハッタ空港混雑しているのか何回か旋回した後初上陸のインドネシアの首都ジャカルタスカルノハッタ国際空港に着陸です。

f:id:bakachin10000:20200127224824j:plain

雨季のジャカルタは雨でした。

f:id:bakachin10000:20200127225031j:plain

そういえばジャカルタは日本ではほとんど報道されていませんが、大晦日から元日にかけて大雨が降り市内は洪水となり50人近くの方が亡くなっています。

スカルノハッタ空港着陸 インドネシア初上陸

スカルノハッタ空港中国国際航空は第3ターミナルを使用しています。ANAなども第3ターミナルなので日本人は概ねこのターミナルを利用するのではないでしょうか?

ボーディングブリッジが付けられ飛行機から降り、入国審査場へ向かいますがそこまでの道のりが長いです。

通路にある消化器が全てアートと一体になっていて面白い空港だな、というのが第一印象です。

f:id:bakachin10000:20200127225105j:plain

f:id:bakachin10000:20200127225136j:plain

f:id:bakachin10000:20200127225213j:plain

途中空港職員がセグウェイに乗って移動していました。それだけ広いということですね。

延々10分ほど歩くと入国審査場に着きます。

入国審査ってどこも混んでいる印象があるのですが、ここはタイミングがよかったのかガラガラで、並ぶことなくサクッと手続き出来ました。

パスポートを提出し、顔写真を撮られると特に質問もなくスタンプを押してくれます。

なおインドネシアは日本人は観光であればノービザで入国出来ます。また入国カードはありません。

f:id:bakachin10000:20200127225319j:plain

入国から空港を出るまで

入国審査場を出るとすぐに手荷物受け取りのターンテーブルが並んでいます。

f:id:bakachin10000:20200127225403j:plain

f:id:bakachin10000:20200127225437j:plain


今まで海外に行った場合手荷物が出てくるのを待った記憶がほとんどない(入国審査に時間がかかるため)のですが、今回はあまりにも早く入国出来たので手荷物が出てくるのを待ちます。10分ほど待って手荷物が出てきました。

手荷物を受け取り税関で税関申告書を渡し、出口へ向かって進んでいくとATMがあるのでここでクレジットカードのキャッシングが出来ます。ジャカルタは1泊だけなので600,000ルピアだけ下ろします。桁は大きいですが4,800円程度です。ちょうど楽天カードで海外キャッシングの手数料ゼロキャンペーンをやっていたので楽天カードでキャッシングしました。

出口を出ると両替窓口もあるので現金で両替をする場合はそちらで出来ます。

到着ロビーに出ると迎えの人々がたくさんおり、海外に来たなーと感じます。

f:id:bakachin10000:20200127225810j:plain

今回は北京→ジャカルタの搭乗レビューをお送りしました。

次回はスカルノハッタ空港からジャカルタ市内への移動について書きます。

書きました。↓のリンクよりご覧ください。

www.burkina-high.work

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村