ブルキナファソでハイタッチ

旅行から日常の記録まで(夫:2020年SFC修行予定)

【SFC修行2020】SFC修行第1弾(番外編)ジェットスター ジャカルタ→シンガポール搭乗レビュー

前回はジャカルタ1泊2日滞在記でスカルノハッタ国際空港まで到着しました。その様子は↓からご覧ください。

www.burkina-high.work

今回は本格的な修行第1弾の記録です。修行第1弾の行程は下の表の通りです。

日程 行程 備考
1月9日(木) NH714 CTS19:30→NGO21:25 こちらから
TUBE sq泊 こちらから
1月10日(金) C160 NGO8:35→PEK11:15 こちらから
CA977 PEK14:30→CGK21:15 こちらから
IBIS JAKARTA HARMONI泊 こちらから
1月11日(土) 3K204 CGK16:35→SIN19:30 この記事
1月12日(日) CA970 SIN0:05→PEK6:20  
CA169 PEK8:00→CTS12:40  

《航空会社》NH…ANA CA…中国国際航空 3K…ジェットスターアジア

《空港》CTS新千歳空港 NGO中部国際空港 PEK…北京首都国際空港 CGK…ジャカルタスカルノ・ハッタ国際空港 SIN…シンガポールチャンギ国際空港

SFC修行番外編の概要

■日程:1月11日(土)

■便名:3K204

■航空券代:7,517円(受託手荷物1点15kgまで、座席指定含む)

■機種:エアバスA320

■機体番号:9V-JSU

今回は基本運賃で予約し15kgまでの受託手荷物1点と座席指定を合わせて申し込みました。

 

スポンサーリンク

 

スカルノハッタ空港駅から第2ターミナルへ

ジャカルタ市内よりエアポートレールリンクで到着した後は空港内の各ターミナルと鉄道駅を結んでいるスカイトレインに乗り、ジェットスターのカウンターがある第2ターミナルへ向かいます。

このスカイトレインですが、空港の各ターミナルを結ぶという重要な任務を担っているにも関わらず13分に1本と本数が少な目なので、行ったばかりだと待たされます。

鉄道駅からは改札を出てそのまま真っ直ぐ行くと右手にエスカレーターが出てきます。

f:id:bakachin10000:20200217230921j:plain

そのエスカレーターで上に上がるとスカイトレインのホームです。

f:id:bakachin10000:20200217231052j:plain

ホームにはこのように次に来るスカイトレインの時刻と行先が表示されています。

f:id:bakachin10000:20200217231259j:plain

やってきたスカイトレインに乗り込みます。鉄道駅の次が第2ターミナルです。

スカイトレインの第2ターミナル駅からターミナルへは連絡橋で結ばれており、すぐに出発ロビーへ行くことが出来ます。

f:id:bakachin10000:20200217231616j:plain

f:id:bakachin10000:20200217231647j:plain

スカルノハッタ国際空港第2ターミナル

このスカルノハッタ国際空港第2ターミナルですが、変わった形をしています。

f:id:bakachin10000:20200217231730j:plain

第2ターミナルにはD,E,Fと3つのユニットがあり、それぞれに7つのゲートがあります。この内ジェットスターのようなLCC国際線はFのユニットとなります。なお、恐らく日本人の方がよく使うであろうANAJAL、ガルーダインドネシアなどは第3ターミナルを使用しています。

スカルノハッタ国際空港を使ったというブログを見るとよくANAJALは第2ターミナルを使用、LCCは第3ターミナル使用といった記事が出て来ますが、2019年5月からはANAJALは第3ターミナル、LCCは主に第1と第2ターミナルに変更になっているのでご注意ください。航空会社に確かめるのが確実ですね。

さて、今回利用するジェットスターアジアは第2ターミナルのユニットFからの出発となりますので、そちらに向かいます。スカイトレインで来た場合はターミナルに入って右へ進みます。


f:id:bakachin10000:20200221181322j:image

各ユニットの入口には手荷物検査とパスポートチェックがあり、その後搭乗手続き、出国審査という流れになります。

ユニット内に入ってしまうとお店の数は少ないので、お目当ての店が中にある場合やラウンジを使いたいといった場合以外はユニットに入る手前で時間を潰した方がいいと思います。

なお、ユニットFの入口向かい側には丸亀製麺があるので、帰国前にどうしてもうどんが食べたいんじゃー!という方々の欲求を満たしてくれます。


f:id:bakachin10000:20200221181421j:image

私はというとラウンジを使いたかったので、搭乗手続きを行い手荷物を預け搭乗券を受け取り出国します。

f:id:bakachin10000:20200221215228j:plain

f:id:bakachin10000:20200221230845j:plain

搭乗手続きも出国審査も空いていたので、こんなにすんなり行けるならあと30分くらい市内にいれたな、と思いましたが早く来るに越したことはありませんね。

出国すると確かにお店は少ないですが、カフェやレストラン、お土産屋、コンビニなど一通り揃っています。さらにビアードパパや北海道チーズタルト(道民お馴染みのきのとやのアレ)の店まであります。


f:id:bakachin10000:20200221181556j:image


f:id:bakachin10000:20200221181609j:image

そして出国前にやり忘れて半ば諦めていたのですが、両替屋もあったためルピアを円に変えることが出来ました。

ターミナル2Fサファイアラウンジ

ターミナル2Fでプライオリティパスが使えるラウンジはサファイアラウンジです。

ここは出国審査を抜けたすぐの所にあるので、受付を済まし早速中に入ります。

2FはLCCが出発するからか中はガラガラでゆったりくつろぐことが出来ました。コンセントがある席とない席があるので、充電をしたい方は確認してください。


f:id:bakachin10000:20200221181741j:image

フードはそこそこ種類があり、飲み物はソフトドリンクがコーヒー紅茶や市販の缶やペットボトルのものがいただけます。


f:id:bakachin10000:20200221181934j:image

アルコールは見た感じ見当たりませんでした。

シャワールームもあるので、飛行機に乗る前に汗を流したい方にもいいですね。

また有料にはなりますがマッサージを受けることも出来ます。

ラウンジ内はフリーwi-fiが使えるので、受付でパスワードをもらうのを忘れないようにしてください。

お腹も空いたのでまずは食べ物をいただきます。余りにお腹が空いていたので写真撮り忘れましたがナシゴレン、ミーゴレン、野菜と肉の炒め物、そしてなぜかこれだけ撮っていたスープをいただきました。


f:id:bakachin10000:20200221182112j:image

味は普通においしいです。

食事をいただいた後は飲み物を飲みながら時間までくつろぎます。

ラウンジを出てから搭乗まで

搭乗開始の45分ほど前にラウンジを出て、お土産屋さんを冷やかしたあと搭乗口F2に向かいます。

f:id:bakachin10000:20200221214915j:plain

東南アジアでよくあるパターンですが、ここスカルノハッタもご多分に漏れず搭乗口手前で手荷物検査が行われます。この時間はそこまで手荷物検査が混んでいなかったので待ち時間ほぼなしで通過出来ました、もしかしてこの便ガラガラか?LCCだけど快適に乗れるか?なんて期待をしたのですがその期待は裏切られます。

すでにそれなりの方が待合室に入っていたようで混み合っています。

f:id:bakachin10000:20200221215421j:plain

まだ余裕のある時間でゲートに向かったのに驚きました。インドネシアの方々は飛行機乗る場合行動が早いのでしょうか?それともLCCだから早目に来ているのでしょうか?その後も続々搭乗客はやって来ます。

そして初めてバティックエアの機材をみました。

f:id:bakachin10000:20200221215728j:plain

そしてこの日は定刻で折り返しとなる便が到着しました。このあとシンガポールから北京までのフライトが控えていたので正直LCCを使用するのは怖かったのですが、レガシーキャリアの値段を調べると3万円近くとジェットスターの4倍したので、ジェットスターにかけました。フライトレーダーで過去の記録を見てもほぼ毎日定刻で飛んでおり、遅延しても2時間程度だったのでまあなんとかなるだろうという心積もりです。

今回はシンガポールでの乗り継ぎ時間に4時間半取っていました。例え2時間遅れても4時間半あればなんとかなるだろうという考えです。

とは言え今日は定刻で飛びそうなので一安心です。

そのうち搭乗開始のアナウンスが流れ搭乗します。

f:id:bakachin10000:20200221215806j:plain

機材はLCCではおなじみのA320、座席は3列3列の配置でLCCなので座席間隔も狭いです。昨日までビジネスクラスに乗っていたので余計に狭さが身に沁みます。

f:id:bakachin10000:20200221215933j:plain

f:id:bakachin10000:20200221220005j:plain

そしてほぼ満席の状態で出発しました。この時間出発便や到着便が多いのか離陸までしばらく待たされました。

f:id:bakachin10000:20200221220458j:plain

いよいよジャカルタを離陸

離陸後は北に進路を取りシンガポールへ向かいます。

ジャカルタは海に面しているのですぐに海上に出るのですが、その手前に見えた田んぼが水浸しになっていました。これは年末からの洪水の影響でこうなっているのか、それともそもそもこのような状態なのかはわかりません。

f:id:bakachin10000:20200221221312j:plain

f:id:bakachin10000:20200221221357j:plain

水平飛行に入るとすぐに機内サービスが始まります。ジャカルタシンガポールは時刻表上で1時間55分、実際の飛行時間は1時間15分ほどなので慌ただしいです。

機内サービスとは言ってもLCCなので、事前に注文していた人へ機内食を配ったりあるいは有料のドリンクを販売したりといった程度です。距離も短いため注文している方はあまりいませんでした。

その後シンガポールの入国カードが配られます。私は乗り継ぎですが次以降の便のチェックインをするため、一度入国する必要があります。そのため入国カードをもらい着陸前に記入します。

シンガポールの入国カードには滞在日数と滞在先ホテル名を記入しなければならないのですが、今回は乗り継ぎだけのため1日としホテル名は未記入のままで入国審査に挑むことにしました。

しばらくは天気が晴れていたので、いかにも南国といった風景の島々を見ながら飛んでいます。

f:id:bakachin10000:20200221223542j:plain

その後は曇ってきて一面雲海が広がります。

f:id:bakachin10000:20200221223634j:plain

続いて機内誌を見てみます。機内誌では就航路線を見るのが好きなのですが、ジェットスターはオーストラリアの会社なのでオーストラリア線が充実しています。

そして私の乗っているジェットスターアジアはシンガポールを拠点にアジアやオセアニア路線を、ジェットスターパシフィックはベトナムを拠点にベトナム国内線とアジア路線を、そして日本人がイメージするジェットスターと言えばジェットスタージャパンで、こちらは日本国内線と近距離国際線を運航しています。

f:id:bakachin10000:20200221223008j:plain

f:id:bakachin10000:20200221223023j:plain

徐々に高度を下げシンガポール海峡を通るものすごい量の船が見えます。コナンの映画でのシンガポールの描画は間違っていなかったんですね。

f:id:bakachin10000:20200221223911j:plain

そんなわけでシンガポールチャンギ国際空港に着陸です。

f:id:bakachin10000:20200221224215j:plain

チャンギ国際空港着陸、シンガポール初上陸

飛行機はほぼ定刻でチャンギ国際空港第1ターミナルD42ゲートに到着しました。

f:id:bakachin10000:20200221225756j:plain

チャンギ国際空港はもともと利用客が多いのに加え、出発と到着でフロアが別れていないので多くの人々で賑わっています。

f:id:bakachin10000:20200221225958j:plain

そしてとにかく広いです。まずは標識に従いイミグレを目指します。

f:id:bakachin10000:20200221230100j:plain

そして辿り着いたイミグレは激混みでした。レーンは15レーンくらいあるのですが、いずれのレーンも長蛇の列が出来ており、1列あたりざっと30人並んでいます。

そしてどの列も全然進みません。これは入国まで相当時間がかかると思い、当初もし時間があれば行きたかったマリーナベイサンズは諦めました。

それよりもまずは入国です。全然動かないので耐久戦になってきます。隣の列にいた子連れ家族はもう完全に子供が飽きてしまいグズってます。わかるよー、大人も辛いもの。

それでも少しずつ進み審査官の様子が見えてきたので1人あたりどの程度時間がかかっているのか測ってみました。

すると特に質問を受けないスムーズな人で2~3分かかっています。これは時間がかかるわけです。1列20人並んでいたとして、全員スムーズに進めても2×20=40分ですからね。

そしてついに私の番が来ました。

パスポートと出入国カードを渡します。名前の確認をされ両手の親指の指紋を取られます。それが終わるとパスポートに入国のスタンプが押され晴れて人生初のシンガポール入国となります。

滞在先が未記入でも何も言われることはありませんでした。

f:id:bakachin10000:20200221231000j:plain

ここまで飛行機を降りてからおよそ50分でした。体感だともっと時間がかかったように思ったのですが、意外とそこまでかからなかったのですね。

入国すると手荷物返却のターンテーブル案内があるので確認します。f:id:bakachin10000:20200222080206j:image

下の階へ降りるとたくさんのターンテーブルが並んでいます。やはりこの空港は巨大です。

f:id:bakachin10000:20200222080415j:image

入国まで時間がかかったのですでに手荷物は出てきておりここはすぐに受け取ることが出来ました。

税関を抜けると制限エリア外に出ます。

まとめ やはりLCCFSCは選んで乗るべきだ

今回はジャカルタからシンガポールまでジェットスターで行ってみたことについて書きましたが、やはりLCCということもあり座席の間隔が狭いのは辛いですね。

今回のような短距離線であれば全く問題ないですが、3時間を超えるようなフライトになってくると、個人差はありますがこの座席の狭さというのが堪えてきますので、その場合は少し高くなってもFSCに乗った方が精神衛生的にもいいと思います。

とはいえやはり圧倒的に安かったので、短距離線であれば今後もLCCを利用するのはありだと思います。

次回はシンガポールチャンギ国際空港での乗り継ぎについて書く予定です。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へにほんブログ村